ゲームが作れるようになるまでがんばる日記

ゲーム制作のことを中心にゲームに関することを書いています

MagicaCSG

ephtracy.github.io
3dnchu.com
ボクセルでモデリングできるソフト「MagicaVoxel」の作者が作った新しいモデリングソフトが公開されている。
どうやらブーリアン演算を用いたモデリングソフトのようだ。
作例やムービーを見ると、このクオリティのエディタがまだ無料で公開されているというのはすごいなぁと。
どんな感じなのかちょっと試してみよう。

マウス操作

はじプロはマウス操作にも対応しているのは良いのだが、もう少し使い勝手が良くなればいいのだが。
まず、マウスカーソルの移動速度を調整したい。
またリファレンスを見ているときは効かなくなってしまうのもちょっと面倒。
せめてホイールでスクロールくらいはしたい。
バージョンアップで機能追加されることを期待。

クォータニオンとは何ぞや?:基礎線形代数講座

techblog.sega.jp
SEGAのTECH Blogで数学の勉強会のために用意したという資料が公開されている。これは勉強になる。
クォータニオンは関数とかで利用しているけど、ちゃんと理解しているかというと微妙。
わからなくなったときに、この資料を見直すことにしよう。

ノードが複雑に

今日もはじプロをプレイ。
後半になってきてだいぶ複雑になってきた。
とはいっても題材となっているゲームはシンプルなものだけど。
この段階でノードのつなぎがひと目見てわかりにくくなりつつあるということは、
もっと本格的なゲームを作ろうとするとかなり大変なことになりそう。
複雑になったときに目的のものを見つけやすくする機能みたいなのは無いのかな。
Dreamsもそうだったけど、ノードベースのものはどうしてもこの問題になりがち。

はじプロ シェア

今日もはじプロをプレイ。
また、Twitterで作品を公開している人の作品をダウンロードしてプレイしてみた。
いいねが多くついている作品だけあって面白かった。シンプルだけどこんなものも作ることが出来るのかと驚いた。
はじプロでは、このシェアの仕組みが非常に弱いと思う。
ゲーム内から検索することは出来ず、Twitterなどで他の人が公開しているもののIDを自分で入力しなければならない。
まあ、著作権の問題とかあるから、ゲーム内から自由にダウンロードできないようにしたのだろうけど、これが非常に残念。

はじプロ 開発者インタビュー

www.nintendo.co.jp
はじプロの開発者にインタビューした記事が公開されていた。
プレイしているがお手本をなぞるだけのことが多くて、ちょっとやらされている感が強いなと思っていたが、
この記事を読んで、意図していたことが分かった。
これはプログラムコードを学ぶときに行われるコードを真似するもの、いわゆる写経と同じ。
とにかく途中で諦めること無く最後までやってほしいという思いがあったという。

はじプロ

ナビつき! つくってわかる はじめてゲームプログラミングをプレイしている。
オブジェクトのローカル座標系で、Zマイナス方向が正面となっていた。
ゲームの中で見られるリファレンスが便利なのだが、いちいち開くのが面倒。ウェブで見られないのかな。
名前が長いので略称は無いかなと思ったら、公式では「はじプロ」らしい。