ゲームが作れるようになるまでがんばる日記

ゲーム制作のことを中心にゲームに関することを書いています

無料ではじめるBlender CG アニメーションテクニック


バージョン2.8に対応したBlenderの解説本。
モデリングについての解説は最後におまけのような感じで、メインはサンプルのモデルデータを使ったアニメーションの解説。
章がステージとなっていて、ゲームっぽく課題をクリアしていく形式になっている。
最近、Twitterに#箱うし本のハッシュタグでこの課題の結果を上げているのをいくつか見て、面白そうだったので、この本を買ってみた。
自分も頑張って課題をクリアしていこう。

うたわれるものシリーズ三部作

www.4gamer.net
うたわれるものシリーズの三部作がアドベンチャーゲームとなってスマホにリリースされた。
これは面白い試み。ストーリーが知りたいので過去の作品をプレイしてみたいけど、ゲームを攻略するのは大変という場合には非常に向いている。
サービスが終わってしまったオンラインゲームもこういったストーリーを読むことができるアプリが出てくれるようになると嬉しい。

リングフィットアドベンチャー

www.nintendo.co.jp
Nintendo Switch用の新たな周辺機器を使ったフィットネスゲーム。
ある意味、Wii Fitの続編とも言えるかも。
メインのモードはよりゲームらしく経験値やレベルなどがあるストーリーとなっている。Wii Fitよりはプレイするモチベーションが上がる。
リングにJoy-Conを装着して使うのだが、思ったよりも正確にリングの状態を取得していた。
毎回プレイするたびにJoy-Conを装着するのは面倒なので、付けたままにしたいが、それでは他のゲームがプレイできなくなってしまう。
なので、もう1セットJoy-Conを買うというのもありかも。対応しているか分からないので確認してからかな。
とりあえず、運動不足の解消になるかもしれないので、しばらくプレイしてみるつもり。

VIVE Cosmos

www.vive.com
注文していたのが届いたのでさっそくセットアップしていくつかのアプリをプレイしてみた。
セットアップでは対応したソフトウェアのダウンロードが分かりにくかったり、ヘッドセットやコントローラーを認識しないことがあったりして、少しつまづいた。
それでも、以前の外部センサーがあるものに比べたら断然楽。
ソフトウェアは日本語化されており、ボイスも日本語になっていた。ただ、一部日本語対応がおかしいところがあり、漢字の一部が出なかったりとあまり質は良くない。
映像は素晴らしく解像度が高くて非常に綺麗。ヘッドセットも装着しやすく、フリップアップ機能により、外さなくても外を見ることができるのは便利。
ただし、コントローラーについては非常に不満。トラッキングが理由かは分からないが、位置の補間がされていて、もっさりというか、ほんの少し遅れてついてくる感じがする。
Beat Saberをプレイしてみたが、PSVR版では簡単にクリアできるステージが、最初の方で失敗となってしまった。
PCのスペックが足りない可能性もあるが、Oculus Rift Sではそこまで遅れを感じなかったので、トラッキングの性能がまだ十分ではないのかも。アップデートで改善されることを期待したい。

thatgamecompanyクリエイター インタビュー記事

www.4gamer.net
私が最も好きなメーカーの1つであるthatgamecompanyの創設者へのインタビュー記事。
thatgamecompnayのクリエイターの話はなかなか聞けないので、非常に読み応えがある。
ただインタビューの時間が足りなくて、いいところで話が終わってしまっている。
再び、この続きが読めることを期待したい。

モンスターハンターワールド アイスボーン

www.capcom.co.jp
少しずつ進めていたモンスターハンターワールドアイスボーンをクリアしてエンディングを見た。
アップデートとはいっても、新アクションに新モンスター、ストーリーも追加されて、続編のような遊びごたえ。
エンディングを見たといってもまだ会っていないモンスターはいるので、しばらくはプレイし続けて楽しめそうだ。

GeForce NOW

cloudgaming.mb.softbank.jp
ソフトバンクNVIDIAと組んでクラウドゲーミングサービスを開始するという。
先月に発表していたらしいがまったく気が付かなかった。
クローズドベータテストを行うらしいが、ソフトバンク以外の回線でも大丈夫だという。
正式サービスが始まったときはどのような料金プランになるのだろう。
とりあえず、ベータには応募してみるか。